歯 黄ばみ 改善

歯の黄ばみを改善する方法とは?

歯 黄ばみ 改善
歯の黄ばみを改善したい!そんな時に思いつくホワイトニングの方法と言えば・・・

  • 歯科クリニック
  • ホワイトニング専門のサロン
  • 歯医者でのクリーニング
  • ネットに載っている裏ワザみたいな情報
  • 専用のケア用品

と言ったことが思い浮かぶのではないでしょうか。

 

しかし、これらの方法には、どれもメリットとデメリットの両方が存在します。

 

プロによる施術

 

まず、歯科クリニックやサロンなど、プロに歯の黄ばみを改善してもらう方法ですが、こちらはさすがに黄ばみの除去効果は抜群です。

 

ほとんどの場合、1回〜数回の施術で、見違えるように真っ白な歯になれます。

 

ただし、黄ばみ改善の効果が高い分、施術にかかる金額も高額になってしまいます。

 

また、黄ばみの再付着も比較的早いため、真っ白な歯をキープし続けるには、相当な出費を覚悟しておかなければいけません。

 

インターネットの裏技情報

 

次は、インターネットで検索したときに出てくる黄ばみの改善方法です。

 

こちらは、確かに歯の黄ばみを改善する効果が高い方法もあるし、金額もほとんどかからないようなものが大半です。

 

しかし、安易に行ってはいけない、危険な方法も多いので、注意が必要です。

 

例えば、消しゴムや、汚れ落とし用のスポンジで歯を磨くというもの。

 

確かに、黄ばみの除去効果は非常に高いでしょう。

 

しかし、この方法では、歯の表面を削って黄ばみを落としているだけなので、歯に大きなダメージを与えることになります。

 

歯の表面を保護しているエナメル質も剥がしてしまうので、虫歯になりやすくなったり、色がくすんでしまったりします。

 

また、歯を保護するものが無いので、汚れの再付着も早くなってしまいます。

 

ということで、まさに、百害あって一利なしと言えます。

 

歯の黄ばみ改善専用のケア用品を使う

最後は、専用のケア用品を使った、歯の黄ばみの改善方法です。

 

代表的なのは、ホワイトニング歯磨き粉ですね。

 

こちらは、さすがに黄ばみ改善専用を謳うだけあって、ホワイトニング効果の高いものも数多く存在します。

 

ただし、気をつけておきたいのは、なかにはあまり効果が無いものもあること。

 

また、研磨剤を多く含むものがあり、歯を傷つけてしまう恐れがある商品もあることです。

 

特に、価格帯が安価なものほど、黄ばみの改善効果が薄かったり、研磨剤を多く含んでいたりする場合が多い傾向にあります。

 

歯の黄ばみ改善におすすめの方法まとめ

このように、それぞれの方法に一長一短がありますが、結局どの方法が歯の黄ばみ改善に最適なのでしょうか?

 

やはり一番なのは、プロに任せる方法でしょう。

 

ただし、先にも書いたとおり、かなりの金額か発生しますし、わざわざエステやクリニックまで出向く手間も時間もかかります。

 

ですから、金銭的な負担が厳しい方や、時間が取れない方は、ホワイトニング歯磨き粉を使う方法がベストです。

 

そこでここでは、ホワイトニング歯磨き粉のなかから、黄ばみ改善効果が高く、価格も比較的安い、コストパフォーマンスの高いものをランキング形式でご紹介します。

歯の黄ばみ改善におすすめの歯磨き粉ランキング

薬用ちゅらトゥースホワイトニング

歯 黄ばみ 改善

歯の黄ばみ改善1位!薬用ちゅらトゥースホワイトニングの特徴

薬用ちゅらトゥースホワイトニングの特徴は、

  • 満足度調査1位の黄ばみ改善効果
  • 厚生労働省が認可済みの医薬部外品なので効果が高い
  • ポリアスパラギン酸が黄ばみの元、ステインをしっかりと除去
  • ビタミンC+リンゴ酸が歯に付着した汚れを徹底除去
  • GTOが虫歯リスクをしっかり軽減
  • 口臭予防にも効果的
  • 1日あたり133円と安価(1日2回)
  • いつもの歯磨き粉と変えるだけなのですごく楽

と言ったところにあります。

 

薬用ちゅらトゥースホワイトニングを1位に選んだ理由は?

薬用ちゅらトゥースホワイトニングを1位に選んだ理由は、なんといっても顧客満足度が高いことに尽きます。

 

薬用ちゅらトゥースホワイトニングは、

  • 最もお得だと感じるホワイトニング
  • 最も安心・安全を感じるホワイトニング
  • 最も効果が期待できるホワイトニング
  • 最も信頼できると感じるホワイトニング
  • 最も人に勧めたいと感じるホワイトニング
  • 最も試したいと思うホワイトニング

と、なんと6つの部門で1位を獲得しています。

 

顧客満足度=実際に使ったユーザーの評価ですから、その信頼性は抜群です。

 

これらをまとめると、薬用ちゅらトゥースホワイトニングがオススメしたいのは、

 

「実績のある黄ばみ改善効果+コスパの良いもの」

 

を探しているあなたです。

 

歯 黄ばみ 改善

 

プレミアムブラントゥース

歯 黄ばみ 改善

歯の黄ばみ改善2位!プレミアムブラントゥースの特徴

プレミアムブラントゥースの特徴は、

  • 世界5カ国で売上No.1
  • オーガニックが主成分で安心&安全
  • 研磨剤不使用
  • ココナッツオイルの抗菌、抗ウイルス作用で口内がいつも清潔
  • ウーロン茶エキスが歯周病を予防
  • 茶カテキンの抗炎症作用で歯茎も健康に
  • パパインがタンパク質を分解し、しっかりとホワイトニング
  • いつもの歯磨き粉と変えるだけなので楽

と言ったところにあります。

 

プレミアムブラントゥースを2位に選んだ理由は?

プレミアムブラントゥースを2位に選んだ理由は、その黄ばみ改善効果が世界的に認められているからです。

 

アメリカ、フランス、イタリア、イギリス、スペインの5カ国で、歯のホワイトニング用品売上1位を獲得しているので、安心して使用できます。

 

そのうえ、天然思考の強い海外でも認められている、オーガニックな歯磨き粉であることも、非常に嬉しいポイントです。

 

これらをまとめると、プレミアムブラントゥースがおすすめなのは、

 

「身体にも自然にも安心・安全の黄ばみ改善効果」

 

を求めているあなたです。

 

歯 黄ばみ 改善

 

リリーホワイト

歯 黄ばみ 改善

歯の黄ばみ改善3位!リリーホワイトの特徴

リリーホワイトの特徴は、

  • 世界一むし歯の少ない国、スウェーデン生まれ
  • 厚生労働省の認可を受けた医薬部外品なので効果が高い
  • 1回当たり115円と非常に安価
  • イソプロピルメチルフェノールがむし歯や歯肉炎も予防
  • ビタミンE酢酸エステルが口臭や黄ばみの元を抑制
  • グリチルリチン酸ジカリウムの殺菌、抗炎症作用で口内をいつも清潔に
  • ポリリン酸ナトリウムがステインをしっかり除去し、再付着も防ぐ

と言ったところにあります。

 

リリーホワイトを3位に選んだ理由は?

リリーホワイトは、ちゅらトゥースやブラントゥースとは違い、いつもの歯磨きの後に使用するものです。

 

そのため、多少面倒くささはあるものの、黄ばみ改善効果の高さや費用の安さは非常に高評価です。

 

虫歯率が世界で最も低い、北欧のスウェーデン生まれと言うのも、信頼できるポイントです。

 

これらをまとめると、リリーホワイトは、

 

「多少面倒でも、黄ばみ改善効果が高く、より安価な方法」

 

を求めているあなたです。

 

歯 黄ばみ 改善

歯の黄ばみの原因とは?

歯 黄ばみ 改善
そもそも、歯の黄ばみの原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

それには、大きく分けて2つの要因があります。

 

1、外的要因

歯の黄ばみの外的要因とは、いわゆる着色汚れ(ステイン)です。

 

私たちが普段摂取する食事や飲み物には、ほとんどのものに色素がありますが、これらが歯に付着すると、歯が黄ばんで見える原因となります。

 

また、「喫煙者=歯が黄色い」というイメージを持った方も多いように、タバコのヤニも外的要因としては非常に大きいものになります。

 

この、外的要因による黄ばみは、上記でご紹介したホワイトニング歯磨き粉で落とすのが最も簡単でオススメです。

 

気になる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【着色汚れを発生させやすい代表的なもの】
・コーヒー・紅茶・ウーロン茶・ココア・赤ワイン・カレー・醤油・ケチャップ

 

2、内的要因

私達の歯は、ステインによる外的な着色ではなく、内的な要因によって黄ばみが発生する場合もあります。

 

まず、内的要因で最も多い黄ばみの原因が、加齢です。

 

加齢

そもそも、私達の歯が白く見えるのは、歯の本体である象牙質を保護する、エナメル質があるためです。

 

しかし、このエナメル質は、食事や歯磨きの摩擦により、加齢と共に薄くなっていきます。

 

また、象牙質自体も加齢と共に黄色が濃くなっていくため、ますます黄ばんで見えるようになってしまいます。

 

個人差はありますが、一般的に加齢による黄ばみが進行しやすいのは50代〜60代以降といわれているため、この年代に近い方は加齢による黄ばみが疑われます。

 

副作用

次に、薬の副作用による黄ばみの内的要因ですが、こちらは一昔前まで抗生物質として使用されていた「テトラサイクリン」という成分の影響による変色になります。

 

乳幼児期(0〜7歳前後)にテトラサイクリン系の抗生物質を長期間摂取していた場合には、歯の色素が濃くなったり、歯に縦縞が現れることがあります。

 

現在ではテトラサイクリン系の抗生物質が積極的に使われることはあまりありませんが、薬の副作用も歯の黄ばみの内的要因として存在するんですね。

 

ちなみに、これらの内的要因が原因の黄ばみの場合、自分で黄ばみを改善するのは難しい場合が多いため、プロに任せるのが一番だと言えます。

歯の黄ばみを歯医者で取るメリットとデメリット

歯 黄ばみ 改善
歯の黄ばみを取りたいと思った時に真っ先に思い浮かぶのが、歯医者ではないでしょうか?

 

確かに、歯医者でも黄ばみを取るホワイトニング診療は行われていますし、相手はプロなので安心感もありますよね。

 

ただ、やっぱり歯医者での黄ばみ取りにも、メリットとデメリットの両方が存在します。

 

ここでは、そんな歯医者で行う黄ばみ取りのメリットとデメリットについてご紹介します。

 

黄ばみ取りを歯医者で行うメリット

  • プロにお任せできる安心感
  • 最短1回で感じる黄ばみ除去効果の高さ

やはり、一番はプロに黄ばみを取ってもらえるという安心感と、その効果の高さですね。

 

また、黄ばみの除去だけでは無く、総合的な歯の健康維持にもつながるのは、歯医者での黄ばみ取りの大きなメリットだと言えるでしょう。

 

ですから、黄ばみ取りの事は別にしても、ひと月に1回ペースで歯医者に通い、定期検診をしてもらうのが理想的です。

 

黄ばみ取りを歯医者で行うデメリット

  • 歯医者によって金額がまちまち
  • 審美歯科扱いになるとかなり高額な費用が掛かる
  • あまり必要のない治療の提案があることも
  • 黄ばみの再付着が早いことが多い

おおよそ想像通りかもしれませんが、やはり歯医者で行う黄ばみ取りのデメリットは、「費用」に関することがほとんどです。

 

まず、「黄ばみ取り=審美歯科」の扱いになるため、健康保険、社会保険の適用外となってしまいます。

 

そうすると、費用が高額になりがちなのはもちろん、各歯医者による金額の差も非常に大きくなります。

 

これにより、思わぬ高額な費用を請求されることもあり得るため、歯医者で黄ばみ取りをするなら、信頼できるところへ通うのが一番です。

 

また、歯医者で行う黄ばみ取りは「歯の表面を研磨するだけ」の場合が多いため、黄ばみの再付着が早くなることもあり得ます。

 

そうならないためにも、やはり信頼できる歯医者探しは非常に重要なポイントです。

歯の黄ばみ除去には高額な費用が必要!

歯 黄ばみ 改善
歯の黄ばみ除去…いわゆるホワイトニングには、高額な費用が必要です。

 

歯の黄ばみをプロの手で除去する場合、

  • 歯科クリニック
  • ホワイトニング専門のサロン
  • 歯医者のホワイトニング

と言った方法が考えられます。

 

通常、むし歯の治療には健康保険や社会保険が適用されるため、治療費が高額になることはあまりありません。

 

しかし、「黄ばみ除去=審美診療」という扱いになり、治療行為では無いと言う判断になるため、国民健康保険や社会保険は適用外となります。

 

そのため、プロの手で黄ばみ除去を行う場合には非常に高額な費用がかかってしまいます。

 

黄ばみ除去にかかる費用例

1、オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯科クリニックやホワイトニング専門のサロンで行う黄ばみ除去方法の総称で、確実かつ素早い効果で人気の黄ばみの除去方法です。

 

施術方法や金額は診療機関ごとにかなりの開きがあるため、一般的な施術方法について、平均的な金額で記載します。

 

ブラストスマイル

ブラストスマイルは、あのアメリカの宇宙開発機関として有名なNASAの科学者が開発した歯の黄ばみ除去方法です。

 

歯の黄ばみにプラズマライトと呼ばれる特殊な光を照射することでホワイトニング効果を発揮する仕組みとなっており、黄ばみの除去効果はもちろん、自分の好みの白さに合わせたホワイトニングができるのも大きな特徴です。

 

費用:1回50,000円〜70,000円

 

ズーム

こちらもブラストスマイルと同様、光を利用したホワイトニング方法です。
「メタルハライド」という波長の短い光を使用する黄ばみ除去方法で、少ない施術回数での黄ばみ改善効果が見込めます。

 

費用:1回25,000円〜50,000円

 

※ズームにかかる金額と効果は、施術回数によりかなり変わります。

 

ティオンオフィス

ティオンオフィスは日本生まれの黄ばみ除去方法で、LEDと二酸化チタン、窒素を用いたホワイトニング方法になります。

 

その大きな特徴は、たった1度の施術でも大きな黄ばみ除去効果を見込める点にあります。

 

ちなみにティオンオフィスは、1本〜歯列全体まで、黄ばみの除去が必要な歯だけに対する施術が可能なため、より理想に近いホワイトニングが可能です。

費用:1回25,000円〜50,000円

 

レーザーホワイトニング

広く一般的な歯の黄ばみ除去方法といえば、このレーザーホワイトニングです。
光を照射するホワイトニング方法の場合、歯全体に光を照射しますが、レーザーホワイトニングの場合は歯の一本一本に対し、溶剤+レーザーを照射して黄ばみを除去します。

 

1回の施術での黄ばみ除去効果は低めですが、比較的安価な金額で行える黄ばみの除去方法として人気です。

費用:1回10,000円〜30,000円

 

黄ばみの除去効果が続く期間は短い!

プロの手で行う歯の黄ばみ除去は、そのホワイトニング効果の高さが魅力です。

 

…しかし、プロの黄ばみ除去は一時的な黄ばみの改善方法であり、その後も従来通りの生活をしてれば、また黄ばみが発生してしまいます。

 

その平均的な期間は1年〜2年程度と、効果の持続性は非常に短くなります。

 

そのため、このような方法で歯の黄ばみ除去を行う場合は、かなりの出費となることを自覚しておく必要があります。